「お客様の声」の集め方について。


今の時代、売る側が良いことを言うのはあたりまえ。
なかなか信用してはもらえません。

お客様は、すでにサービスを受けた人のレビューなどを参考に、
買い物をするようになってきています。

「お客様の声」は強力です。
ぜひ、集めてください!


★ハガキを集める前の心構え。過度の期待はしないこと。

お客様に感想を書いてもらおうとしても、おそらく書いてもらえない人の方が多いです。

10件依頼して、返信があるのが1~2件程度とお考え下さい。

過度の期待はしないで、コツコツと集めていきましょう。


★お客様の声の集め方、その1 【手渡しで依頼する】

納車時に、はがきとお客様の声のチラシをクリップでとめて手渡します↓

手渡しで依頼するメリットは、ハガキの返信率が高い事です。
お願いするタイミングとしては、修理代金もいただいて、お客さまが帰られる直前。
こんな感じでお願いしています。
お客様
「直してもらってありがとうございました。
板金屋さんにはあまりお世話になりたくないのですが、何かあった時は、またよろしくお願いします」
工場側
「いえいえ、こちらこそありがとうございました。
あ、ちょっとお願いしたいことがあるのですが・・」
「修理してお客様からの感想を集めていて、もしよろしかったら感想を、書いていただけないでしょうか?」
お客様
「感想ですか?、うーん、わかりました」
 ・
という感じ。
ポイントは「感想を書いてください」とお願いするのではなく、
「感想書いてもらえませんか?」と、疑問形で聞くこと。
こうすることで、
断ってくる人もいますが、イエスと言った人は「言った以上、書かなければ」という気持ちになります。


★お客様の声の集め方、その2 【お礼状を出して集める】

堀江板金では、修理した直後にお礼状出しています。

その中にお礼状の返信用の葉書を入れて、お客さまの感想を集めています。
封筒の中に入れるのは、
・お礼状
・「お客様の声」のチラシ
・「お客様の声」の返信用のハガキ
です。

これらの原稿はメールで送っています。
お礼状は、実際に私が出しているものを送っていますので、ご自身の工場に合うようにアレンジしてください。
「お客様の声」返信ハガキの宛名面は、年賀状印刷ソフトなどで作ってください。
これらの用紙について、わからないときや、印刷できないときは、ご連絡ください。

これらを、あらかじめ大量に印刷しておいて、納車になった時点で、宛名を書いて郵送しています。
ほんの5分でできる作業なのですが、お礼状を出すかどうかで、
お客様の声があつまるか?リピートするのか?
と、将来的には大きな違いが出てきてしまいます!

できれば、お礼状は2〜3行の手書きのメッセージを加えて、暖かく、親しみやすい感じにすると、さらに良いですね
 
↓こんな感じです。

↑赤丸の部分、
「本日はありがとうございました。
お客様の声、書いていただけたらありがたいです。
今後ともよろしくお願いします」
と書いています。

お礼状からお客様の感想を集める方法は、
先に紹介した手渡しの方法よりは、感想ハガキの返信率は低いです。

しかし、
なんとなくお礼状を書いてもらう事を頼みづらいお客様にも、お礼状なら出しやすいです。

また、
仮に感想ハガキの返信がなくとも、お礼状を出す事はリピートにつながります。

車検やコーティングのチラシを入れる事もできます。

やるかやらないかだけで、大きく成果が違ってきますので、
必ずお礼状はだしてくださいね。



ピックアップ

2015年04月27日
クロージングチラシ
2016年08月31日
地図の設置方法

メタ情報

目次

目次

以下の二つ(修理事例の写真撮影・お客様の声を集めること)
は今すぐ始めてください。

1.修理事例の写真撮影に関して
修理事例の写真撮影のポイント

2.「お客様の声」を集めることに関して。
「お客様の声」を集め始める。
「お客様の声」の集める2つの方法
お客様の声のチラシについて。
一か月で10枚のお客様の感想を集めた方法
100パーセント「お客様の声」を書いてもらう方法
ハガキの写真撮影の注意点


記事作成代行サービスの案内
記事の作成を代行します。
もともとは、パソコンが苦手な人・時間がない人むけサービスですが、
自力で頑張ろうという人より、代行を使っている人の方が、上手くいっています。
できるだけ、代行を使うことをお勧めしています。
ラインから記事の作成依頼もできます。
堀江とラインでつながるのはこちら!とクリック


集客までの流れについて解説
①検索されるまで。
②数ある検索結果から選ばれてクリックされるまで。
③一瞬で「あなたの探していた情報はここにありますよ」と伝える
④信頼してもらう。
⑤電話・来店してもらう。
※地図・アクセスの補足記事について。


ブログの操作方法1(基礎編)
①ログイン・ログアウト・パスワードの変更方法
②文字を書く(コピーする)
③写真をアップする


画像最適化について(ページの表示スピードが変わります)
ページの表示スピード計測方法
画像最適化(圧縮)について


ブログの操作方法2(発展編)
アクセス解析の見方
文字装飾(太字・色を変えるなど)
写真の加工(ナンバーを消す・トリミングなど)
写真の向きを変える方法
アイキャッチ画像の挿入方法
投稿ページのカテゴリーについて
「アクセス・お問合せ」などのページの編集について(固定ページ)
目次ページの作り方①(修理事例編)
目次ページの作り方➁(お客様の感想編)
お客様の声の紹介ページ、集客しやすくするために
リンクの張り方
記事のフッターについて


記事の書き方
「記事タイトル」について
※記事を書くにあたり、一番重要な部分です。
記事のタイトルについての解説
記事タイトルの例
記事タイトルの添削事例
最初は、集客する地域を絞る

記事の冒頭2~3行の書き方
※記事を書くときに、2番目に大切なところです

その他、記事の書き方の注意点
・500字以上書く
・記事で書いてはいけない事1
・記事で書いてはいけない事2
・記事にフッターを付ける。
・メモ帳で書いてコピーする事の勧め
・辞書登録について(便利です)
・地図・アクセスの補足


ブログの操作方法3(スマホのワンタップ電話について)
スマホ対策・ワンタップで電話できる設定について解説しています。
ワンタップ対応をご希望の方は、
こちらのページ内にあるご要望に御答えの上、メール返信ください。
堀江がバナー作成後にメールをして、そのあとの設置方法はこちら


Lineでの写真見積もり(無料)受付例
ラインからの見積もり受付の例です。
リンクの張り方などは、こちらをご覧ください。

 

グーグルマイビジネス・レビューに関するまとめ
レビュー機能など、かなり集客に影響がなります。
ぜひご確認ください。


集客に効果的な誘導用のページを作ってみませんか?
誘導用ページとは?
「誘導用ページ」で、売上げが4倍!?
ページのコピー方法
テキスト内検索(便利です)
地図の設置方法
誘導用ページへのバナーを設置する方法
・誘導用ページテンプレート Ver赤 Ver青 Ver緑
ボタン付きVer
(代行を使わずに、ご自身で誘導用ページを作成したい場合は、堀江までご連絡ください。固定ページ内にテンプレートを設置します。)
ページ内リンクの設定方法


パソコンでの音声入力
しゃべるだけで文字入力できるので、超カンタンです。

スマートフォン
を使って、記事を書く方法など。
スマホでの音声入力
スマホから投稿する方法
スマホを使って、ハガキをスキャンする方法
スマホ上で写真を加工する方法


鈑金塗装の工程紹介
事務員の方など、鈑金塗装について詳しくない人が記事を書く場合の為に、
キズ・ヘコミなどの修理行程について説明します。


検索対策のまとめ
・ホームページタイトル【重要】
(堀江が設定します)
・記事タイトル【重要】
・説明文(ディスクリプション)【やや重要】
・リンクの文章【やや重要】
(記事を書いているときに設定)
・記事本文
(記事を書くときに、ちょっと意識してもらえば大丈夫です)
・写真の説明文
(余裕があれば設定して下さい)


Q&A

著作権・その他


このページのTOPへ