鈑金塗装の工程紹介


事務員の方など、鈑金塗装について詳しくない人が記事を書く場合の為に、キズ・ヘコミなどの修理行程について説明します。

500文字程度の文章にしないと、検索に上がらないのですが、
工程ごとに写真を撮って、詳しい解説をつければ、500文字程度の記事になります。

※ただ、この文章をコピーするのだけは止めてください。
グーグルからペナルティを受けて、検索順位を下げられます。
内容的には同じになってしまいますが、
御自身の言葉で書き直すことで、オリジナルの文章にしてください。

また、すべての工程をキッチリと説明する必要もありません。

お客さまとのエピソードなどがあって、
それだけで500文字になっても大丈夫です。

500文字程度の文章が必要ですので、
何を書いたら良いか分からない時は、
この工程表を参考に、文字数を増やしてください。

~~~~~~~~~~~
キズ・ヘコミの修理行程
~~~~~~~~~~~
※工場によって、若干工程は違います。

損傷の確認

部品の脱着(必要ならば)

損傷部分の塗膜の剥離

鈑金
内側から叩き出せる場合は、叩き出すが、
ドア等の内側にも、補強の鉄骨が入っていたりで、
手が入らないときが多いです。
5円玉のようなワッシャーをスタット溶接、もしくは、
専用のスライドハンマーを、スタット溶接して、
引き出す事がおおいです。

剥離部分の塗膜の段差を削って、なめらかにする。
塗膜の段差がのこったままパテを付けると、
パテが痩せる(溶剤が蒸発して収縮する)と、
修理の1か月後などに、パテが収縮、段差が出て、修理した跡がでてしまいます。
それを防ぐために、段差を滑らかにします。

パテの盛り付け。
粘土のようなパテを盛り付けます。
こだわりのある工場では、粗目で厚盛できるの鈑金パテから、
目の細かい仕上げ用のパテを使っている工場もあります。

パテの乾燥。
時間が経てば、自然に乾燥しますが、
時間短縮のため熱をかけるときもあります。
(特に冬場)

パテの研磨
パテを削って、整形します。
通常、パテの盛り付け、研磨を数回繰り返し、形をだしていきます。

サフェーサー(中塗り塗装)の塗布

目的は、
1.目の粗いパテの上に、直接上塗り塗装をすると、
吸い込みがあるので、パテの跡が出てしまいます。
それを防ぐため。
2.パテ整形時についた粗いサンドペーパーのキズを埋めるため
3.防水・防錆

また、サフェーサー塗布前には、
鈑金した周辺部を細かいサンドペーパーで研磨する「足付け」
余計なところまで塗装しないように、マスキングをします。

「足付け」とは、
上塗り塗装や中塗り(サフェーサー)や、
パテを盛る前に、周辺の塗膜を細かいサンドペーパーでキズを付ける事。
これをしないと、後から、パリパリ塗膜が剥がれるなどの不具合が出てしまいます。

サフェーサー乾燥。

スアナを埋める。
粗いパテを使った場合、ちいさな穴が表面にのこる事があります。
その穴(スアナ)を目の細かいパテを使って埋めます。
サフェーサー塗布前にやる事もあります。

サフェーサーの研磨
サフェーサー乾燥後、最終的な塗装面を出すために、
細かいサンドペーパーで研磨します。

調色
カラーサンプルのデーターを元に、
車体色と同じ色に調色します。
原色を10種類程度調合して色を作ります。

塗装前の準備
1、塗装するパネルをコンパウンド等でキレイにします。
泥汚れ、ピッチタール(アスファルトのカス)、虫、水垢とうを落とします。
入り組んだ所は、歯ブラシ等で、隅々までキレイにします。
2.足付け、塗装面に細かい傷をつけます。
これをやらないと、後でパリパリ剥がれがでます。
3.マスキング
塗装がかかってはマズイ部分を紙やビニールなどで覆います。
4.脱脂
脂分・ワックス分を、弱い溶剤をつかって、取り除きます。
これをやらないとハジキといって、
クレヨンの上を絵の具で描いたように、弾いてしまい、不具合がでます。

上塗り
1.カラーベース塗装
調色した塗料を塗ります。
一度にべったりと塗装せずに、数回にわけて塗装します。
最初はパラパラ塗装することで、ハジキなどを防ぎます。
サフェーサーの色がきちんと隠蔽されたことを確認して、
ムラがないことを確認して、慎重に塗装していきます。
2.クリアー塗装
カラーベース塗装のあとに、透明なクリアの塗装をします。
クリアのベースと硬化剤を混ぜて塗装します。
乾燥後、化学変化を起こして、固い塗膜になり、硬化後は、シンナーなどの溶剤で溶けなくなります。

乾燥・硬化
60度×40分とか、熱をかけて、乾燥・効果します。

磨き
塗装時に、細かいほこりが付着することがあります。
手で触るとポツポツとブツが残っているのが分かります。
また塗装時に柚子の肌のように塗装面が荒れることもあります。
そういった事を修正するために、ブツを細かいサンドペーパーでけずったり、
柚子肌の部分を細かいサンドペーパーで削ります。
最終的には、コンパウンドをあてて、細かいサンドペーパーのキズを消し、
ツヤのある状態にします。

マスキングを剥がす

部品の取り付け

洗車


~~~~~~~~
部品交換について
~~~~~~~~

新品部品、
中古部品(リサイクル部品)
があります。

新品部品(外装の鋼板部品について)
ドアやフェンダーなど、鋼板の部品に関しては、
黒やグレーなどの錆止めの塗装をした状態で供給されます。
そのため、車体色に塗装する必要があります。

新品部品(バンパー等)
バンパーは鉄板でなくて、プラスチック製になります。
そして、車体色に塗装された状態で、供給される場合もあります。
(車体色に塗装されていない場合もあります)

中古部品
ドアなど、取り外した状態で、段ボールに入れられて、
宅急便で送られてきます。
塗装色が同じ場合、あらたに塗装する必要がなく、
取り付けただけで、修理が完了する場合もあります。
また、ドアガラス、ドアハンドルなどの細かい部品がついたまま供給されるので、
ドアガラスが割れてる損傷などの場合、
修理代金を大幅に少なくすることもできたりします。



ピックアップ

2016年08月31日
地図の設置方法
2015年04月27日
クロージングチラシ
2016年10月24日
衝撃だった写真。

メタ情報

目次

目次

以下の二つ(修理事例の写真撮影・お客様の声を集めること)
は今すぐ始めてください。

1.修理事例の写真撮影に関して
修理事例の写真撮影のポイント

2.「お客様の声」を集めることに関して。
「お客様の声」を集め始める。
「お客様の声」の集める2つの方法
お客様の声のチラシについて。
一か月で10枚のお客様の感想を集めた方法
100パーセント「お客様の声」を書いてもらう方法
ハガキの写真撮影の注意点


記事作成代行サービスの案内
記事の作成を代行します。
もともとは、パソコンが苦手な人・時間がない人むけサービスですが、
自力で頑張ろうという人より、代行を使っている人の方が、上手くいっています。
できるだけ、代行を使うことをお勧めしています。
ラインから記事の作成依頼もできます。
堀江とラインでつながるのはこちら!とクリック


集客までの流れについて解説
①検索されるまで。
②数ある検索結果から選ばれてクリックされるまで。
③一瞬で「あなたの探していた情報はここにありますよ」と伝える
④信頼してもらう。
⑤電話・来店してもらう。
※地図・アクセスの補足記事について。


ブログの操作方法1(基礎編)
①ログイン・ログアウト・パスワードの変更方法
②文字を書く(コピーする)
③写真をアップする


画像最適化について(ページの表示スピードが変わります)
ページの表示スピード計測方法
画像最適化(圧縮)について


ブログの操作方法2(発展編)
アクセス解析の見方
文字装飾(太字・色を変えるなど)
写真の加工(ナンバーを消す・トリミングなど)
写真の向きを変える方法
アイキャッチ画像の挿入方法
投稿ページのカテゴリーについて
「アクセス・お問合せ」などのページの編集について(固定ページ)
目次ページの作り方①(修理事例編)
目次ページの作り方➁(お客様の感想編)
お客様の声の紹介ページ、集客しやすくするために
リンクの張り方
記事のフッターについて


記事の書き方
「記事タイトル」について
※記事を書くにあたり、一番重要な部分です。
記事のタイトルについての解説
記事タイトルの例
記事タイトルの添削事例
最初は、集客する地域を絞る

記事の冒頭2~3行の書き方
※記事を書くときに、2番目に大切なところです

その他、記事の書き方の注意点
・500字以上書く
・記事で書いてはいけない事1
・記事で書いてはいけない事2
・記事にフッターを付ける。
・メモ帳で書いてコピーする事の勧め
・辞書登録について(便利です)
・地図・アクセスの補足


ブログの操作方法3(スマホのワンタップ電話について)
スマホ対策・ワンタップで電話できる設定について解説しています。
ワンタップ対応をご希望の方は、
こちらのページ内にあるご要望に御答えの上、メール返信ください。
堀江がバナー作成後にメールをして、そのあとの設置方法はこちら


Lineでの写真見積もり(無料)受付例
ラインからの見積もり受付の例です。
リンクの張り方などは、こちらをご覧ください。

 

グーグルマイビジネス・レビューに関するまとめ
レビュー機能など、かなり集客に影響がなります。
ぜひご確認ください。


集客に効果的な誘導用のページを作ってみませんか?
誘導用ページとは?
「誘導用ページ」で、売上げが4倍!?
ページのコピー方法
テキスト内検索(便利です)
地図の設置方法
誘導用ページへのバナーを設置する方法
・誘導用ページテンプレート Ver赤 Ver青 Ver緑
ボタン付きVer
(代行を使わずに、ご自身で誘導用ページを作成したい場合は、堀江までご連絡ください。固定ページ内にテンプレートを設置します。)
ページ内リンクの設定方法


パソコンでの音声入力
しゃべるだけで文字入力できるので、超カンタンです。

スマートフォン
を使って、記事を書く方法など。
スマホでの音声入力
スマホから投稿する方法
スマホを使って、ハガキをスキャンする方法
スマホ上で写真を加工する方法


鈑金塗装の工程紹介
事務員の方など、鈑金塗装について詳しくない人が記事を書く場合の為に、
キズ・ヘコミなどの修理行程について説明します。


検索対策のまとめ
・ホームページタイトル【重要】
(堀江が設定します)
・記事タイトル【重要】
・説明文(ディスクリプション)【やや重要】
・リンクの文章【やや重要】
(記事を書いているときに設定)
・記事本文
(記事を書くときに、ちょっと意識してもらえば大丈夫です)
・写真の説明文
(余裕があれば設定して下さい)


Q&A

著作権・その他


このページのTOPへ